深良川でいっぱい遊びました。

今日は、年中、年長組の子どもたちが園の横を流れている深良川に入って遊びました。はじめに深良川の由来のお話を聞き、それから川の中では友だちを押したり、手をつないだりせず、歩くときは必ずすり足で歩くことを約束しました。園庭ですり足の練習をしてから川に入りました。川に入るのは初めてのばらぐみさん達は大興奮。川の中でキラキラ光るビー玉を拾って、川の中で見たり太陽にかざしたりして輝きを楽しみました。帰る時は、拾った宝(ビー玉)の入ったポケットを何度も何度も確かめている姿がとても可愛らしく感じられました。

年長のゆりぐみさんは、川の流れに逆らって歩くことを楽しみました。すり足で歩くのを忘れて転びそうになったり、川の流れの速さを実感しながら、一生懸命上流に向かって歩きました。

最後は、全員がライフジャケット着て川の流れに身をまかせて流れることを体験しました。一人もこわがる子やいやがる子がいなかったのは、すごいなぁと思いました。先生達が危なくないようにしっかりサポートしていたので、安心していたのでしょう。空を見ながら、川という自然と一体になって流れた時、子どもたちの目と心にはどんな景色が映ったのでしょうか?

最後に遊ばせてもらった深良川にお礼を言い、守って下さった先生方にお礼を言って、楽しい川遊びを終わりました。

カテゴリー: 日々の活動 パーマリンク